顎関節症とは、口を開ける時の痛みや
カクカク・ジャリジャリなどの音がする、
口が開きにくくなるなどの症状がみられるもので、
左右の顎関節とその周囲の筋肉の痛みや関節雑音、開口障害、顎運動異常を主要症候とする症候群のことです。

顎関節症の症状


顎関節は、骨や筋肉、靱帯から構成されています。
顎関節症は様々な因子により顎関節が障害を受けると顎関節のバランスが変化し、
痛みや関節雑音、開口障害などの症状が現れます。

その他の症状として、頭痛、首や肩の痛みやコリ、耳鳴り、めまいなどの症状が現れることもあります。

 【顎関節症のチェックリスト】
  ・口を大きく開けたとき、左右で開けにくい方の顎がありますか?
  ・口を開けたり閉じたりするとき、カクッとした音やポキッとした音がしますか?
  ・口を開けたり閉じたりするとき、顎が痛いですか?
  ・口が開かなかったり、閉じなかったりすることがありますか?
  ・噛むときに顎が痛みますか?
 (あくまで目安ですので、少しでも気になる方は遠慮なくご相談下さい。)

顎関節症の原因と治療


現在、顎関節症は咬み合わせの異常やブラキシズムなどの一つだけが原因ではなく、様々な因子が複合することにより症状が現れると考えられています。

主に咬合異常(咬み合わせの異常)、ブラキシズム(歯ぎしり、くいしばり)、生活習慣(頬杖をつく、うつ伏せで寝る、姿勢が悪い)、ストレス、スポーツ、外傷などの様々な因子が原因と考えられます。

藤井歯科医院では、顎関節症治療として
 ・スプリント療法
 ・咬合調整などの歯科治療  の他、

 ・経皮的電気刺激療法
 ・Parietal Acupoint Therapy (PAPT)
 ・レーザー治療
        などを併用し症状の緩和を行っております。

頭頂部鍼療法Parietal Acupoint Therapy(PAPT)について詳しくは藤井歯科医院の顔面神経麻痺・三叉神経麻痺専門サイトをご覧下さい。

越谷レイクタウンの藤井歯科