東洋医学とは、インドや中国を中心に発展してきた医学で、自然と人のバランスを重視した医学です。

元々備わっている身体バランスが崩れてしまった状態を、元の健康な状態に戻し、身体バランスの均衡を保持していくものです。

越谷レイクタウンの藤井歯科

歯科東洋医学について


藤井歯科医院では、36年以上にわたり歯科東洋医学を導入しております。

西洋医学は、最新の医療器機により患者さんの主訴となる原因を調べ、診断結果を求めますが、それだけでは完全に治癒しない例もあります。

そこで、従来の西洋医学的な治療では解決できない「疼痛・麻痺・不定愁訴」などに対し、色々な症状に対して独特の診断・治療方法を持つ東洋医学を導入することで、症状の軽減・治癒することが可能になります。

歯科東洋医学とは、「口腔の(口の中)状態が全身に投影される」という東洋医学の観点から、鍼灸(ハリ治療)・漢方などの東洋医学療法により症状の改善を行い、健康の保持・増進をはかるものです。全身的な気の流れや自律神経の乱れなどを判断し、口腔との関連を診断していきます。

藤井歯科医院では東洋医学のハリ治療と最新の西洋医学との融合することにより、患者様の健康・口腔治療・口腔管理を進めてまいります。

WHO(世界保健機構)・FDI(国際歯科連盟)でも、約10年程前から歯科でのハリ治療の導入を推進しています。

特に顔面神経麻痺三叉神経痛(麻痺)顎関節症・口腔乾燥症・舌痛症や口唇の麻痺、噛み合せ異常やずれによる首や肩のコリや痛みなどには新頭鍼療法(YNSA)により、効果を即実感していただいております。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

  ・東洋医学治療について
  ・顔面神経麻痺治療
  ・三叉神経麻痺(痛)治療
  ・顎関節症治療

越谷レイクタウンの藤井歯科