藤井歯科医院では36年以上にわたり、東洋医学治療を導入しております。

特に、顔面神経麻痺・三叉神経麻痺(痛)・顎関節症・開口障害・口腔乾燥症・舌痛症・口唇、舌の麻痺などに、当院で行っているDr.藤井(当院長)が独自に開発した、頭頂部鍼療法 Parietal Acupoint Therapy (PAPT)により、患者様にその場で治療効果を直ぐに実感して頂いております。

また、脳梗塞(脳溢血)などで片麻痺を起こして歯科治療にかかることが出来ない患者様(軽度から中度)にもハリ治療を併用しながら麻痺と歯科治療を行っております。

Parietal Acupoint Therapy(PAPT)について

Parietal Acupoint Therapy (PAPT)は、東洋医学療法(鍼治療など)の一つで、2001年にDr.藤井(当院長)により確立された、西洋医学(解剖学・生理学など)も取り入れた独自の鍼治療法です。

PAPTは、主に頭頚部(頭と首)を中心に診断と治療を行う鍼療法で、頭頂部に全身すべてが投影されており、神経・筋・骨などすべての位置関係を解剖学・生理学的理論に基づいて、治療する鍼治療法です。

従来の東洋医学療法と比べ、治療効果の出現が速いのが一番の特徴です。

頭・首・肩・腰などの痛みの治療、神経痛、しびれ麻痺の治療、めまい、耳鳴り、不眠、更年期障害などの不定愁訴の治療や、脳出血や脳梗塞における半身不随・麻痺・言語障害、難病、パーキンソン症候群など幅広く活用しております。

藤井歯科医院では、PAPTにより歯科領域における麻痺・痛みの症状改善を行っており、主に顔面神経麻痺・三叉神経麻痺(痛)・顎関節症・口腔乾燥症・舌痛症などの治療を行って行っております。

また、レーザー治療や近赤外線療法も併用しております。

Parietal Acupoint Therapy(PAPT)の流れ


治療は頭頸部(頭と首)のみの治療のため、歯科治療のチェアーにおかけのまま行えます。
一般的な歯科治療の流れの中で行うことができますので、 その効果を即実感していただいております。
また、使用する針は細い滅菌ディスポーザブル針で痛みも少なく安心して治療を受けていただいております。


  
  手や首を触診し、
  首診で全身の状態を診断します。

越谷レイクタウンの藤井歯科


  
  歯科治療用チェアーにおかけのまま、
  細いディスポーザブル針を頭部へ置針
  します。

越谷レイクタウンの藤井歯科

麻痺
                    診療モデル:喜劇俳優二代目三波伸介さん

顔面神経麻痺三叉神経麻痺(痛)になり、治療を受けたが症状が固定し自然治癒しかないと診断された方などもこのParietal Acupoint Therapy (PAPT)で回復された方が多数いらっしゃいます。一度はあきらめた方もご相談下さい。

※ただし、症状・発症期間などにより効果には個人差があります。
※費用は自費診療(保険外診療)になります。
 初診時7,560円(税込)〜   2回目以降5,400円(税込)〜

詳しくは 藤井歯科医院の顔面神経麻痺・三叉神経麻痺専門サイトをご覧下さい。  

越谷レイクタウンの藤井歯科