豊富な経験と確かな技術で、できるだけ痛くない治療を行う越谷レイクタウンの歯医者 顔面神経麻痺・下顎神経麻痺治療も行っています。

鍼治療PAPT療法について

  • HOME »
  • 鍼治療PAPT療法について

鍼治療PAPT療法について

当医院では、1979年より歯科に東洋医学治療(鍼治療)を取り入れてまいりました。

その後、顔面神経麻痺、三叉神経麻痺(下顎神経麻痺、下歯槽神経麻痺、オトガイ神経麻痺)でお困りの患者様が多数来院されることから、現在では、顔面神経麻痺、三叉神経麻痺に特化して鍼治療 Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法) 頭頂部鍼療法を行っており、また、レーザー治療、近赤外線治療も併用して行っております。

この鍼治療PAPT療法は、従来の鍼治療とは別の鍼治療法で、2001年に当医院長が独自に開発、確立した西洋医学的考えと東洋医学を融合した鍼治療法です。

解剖学的、生理学的、神経学的、筋骨学的にどの神経の支配領域かを見極めて治療を行うため、治療効果の出現が早いのが特徴です。

また、レーザー治療、近赤外線治療は、星状神経節ブロックと同じような効果が得られ、交感神経の緊張を緩める効果があります。(レーザー治療について詳細はこちら

診断・治療は、麻痺している部分だけを診るのではなく、身体全体から包括的に診て行い、治療は、置鍼(ハリを一定時間打ったままにしておくこと)を行う前に、先ず、全身調整(バランス)を行います。
これは、人間がもともと持っているホメオスタシス(恒常性)を保ち、自分自身で治そうとする力を手助けすることと、自律神経の調整を行うためで、それにより鍼治療PAPT療法の治療効果が非常に良くなります。

置鍼は、先ず、前頭部・側頭部・頭頂部に行い、患者様の主訴部位(麻痺している部位)に対しての局所への鍼治療は行いません。
PAPT療法の治療効果が出てきてから、症状に応じて初めて局所への鍼治療を行うこともあります。

今迄のPAPT療法の多くの治療経験から、顔面神経麻痺・三叉神経麻痺の初期症状の患者様は勿論、発症から数年が経過した患者様でも個人差はありますが、回復、改善が確実に認められています。

これについては、日本歯科医学会、日本歯科東洋医学会でも発表しています。

また、鍼治療PAPT療法は、頭・首・肩・腰などの痛みの治療、神経痛、しびれ麻痺の治療、めまい、耳鳴り、不定愁訴や脳梗塞における後遺症、難病などの治療に幅広く活用され、当医院では、歯科領域における麻痺や痛みの症状改善を行っており、特に顔面神経麻痺や三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺、オトガイ神経麻痺)でお困りの患者様が全国ご遠方からも多数ご来院されていらっしゃいます。

当医院の鍼治療PAPT療法の診療案内

 

鍼治療PAPTm

鍼治療PAPT療法の治療の流れの詳細は こちら

よくある質問

 

使用するハリについて

使い捨ての滅菌ディスポーサブル鍼を使用し、太さ0.10~0.25mmの極細いハリを使用していますので、初めての方でも安心して治療を受けていただいております。

また、頭頚部のみの治療のため、歯科用のチェアーにお掛けのまま治療を行うことが出来ます。

 

治療料金について

自費診療になります。

初診時   9,720円(消費税込み)
再診時   7,560円(消費税込み)
ご相談のみ 3,240円(消費税込み)

ご予約・お問い合わせ  お気軽にご相談下さい TEL 048-985-2567 9:00~12:00  14:00~18:30

診療内容

PAGETOP
Copyright © 藤井歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.